« マンゴータンゴスワークル(タリーズコーヒー)マンゴーLOVE Vol.4 | トップページ | マーケティングブロガーと呼ばれる、か? »

ClickcommentsをSeesaaブログに導入する方法(まとめ)

「ClickcommentsをSeesaaブログに導入する方法(メモ)」のエントリーがメモレベルだったので、もう一度まとめる勒

Clickcommentsとは

元来、ブログには「コメント」や「トラックバック」といったコミュニケーションを発生させる機能で情報発信ツールとして発展してきた。
しかし、スパム行為の増加などにより、「コメント」や「トラックバック」をするときの手続きが複雑化している蓮
例えば、メールアドレスやブログURLの入力、ブログ管理者による承認がいるようになってきた。

もっと気楽にコミュニケーションしたいブロガーのために登場したフィーリング伝達ツールのひとつが、PostReachが提供する「Clickcomments」撚
国産では「はてなスター」「FC2拍手」などがある。

ブログへの掲載手順

・ProReachのサイトで登録(項目は、ユーザー名、ブログURL、ブログジャンル(選択)、メールアドレス)

PostReach_01_20070719.JPG
PostReach_02_20070719.JPG

・ProReachから登録完了のメールが届く

・ProReachのサイトにログインして、固有のIDをメモする

PostReach_03_20070719.JPG
PostReach_05_20070719.JPG
「Manage」の箇所にマウスポインターを当てると、ブラウザのステータス表示箇所などで自分固有のIDを確認できる

・固有のIDをもとにブログのHTMLを編集(詳細は下記)

・ブログを再構築

seesaaブログ用のカスタマイズ方法

挿入するタグはこちら。

<div class="postreachclickcomments"><script type="text/javascript" src="http://www.postreach.com/ccengine/display_iframe?perlink=<% article.page_url %>&amp;
blog=XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX&amp;
url=http://XXXXX.seesaa.net/"></script></div>
(blog=とurl=の前の改行は削除)

また、ひとつ目のXは、上記のとおり「Clickcomments」の管理画面から確認して編集。
ふたつ目のXは、自分のブログのURLを適用。

Seesaaブログの管理画面から、
「デザイン」→「コンテンツ」→「記事」→「コンテンツHTML編集」を開いて上記のタブをコピー&ペースト。

挿入箇所はわたしの場合、この上。

</div>
<% /loop -%>
<% if:page_name eq 'category' -%>
<% if:pager.need_pager -%>

掲載結果例

クリックしてもらえると、色とカウンターが変化。

PostReach_06_20070719.JPG

「Clickcomments」の管理画面にログインすると、クリックされた状況を確認できる。

PostReach_04_20070719.JPG

掲載の目的を考える

「はてなスター」については賛否両論のようだが、「CGMの新しい格付け指標・フィルタリング機能」ととらえるのか、「ユーザによるコミュニケーションの起点創出機能」ととらえるのかの違いだと思う。
「Casual Thoughts - 「はてなスター」とアテンション」から引用)
と分析され、同感裂
わたしもClickcommentsをフィルタリング機能としては期待していない。

Clickcommentsの特徴は「はてなスター」と同じように、ポジティブなメッセージに限定されているところ。
さらにポップで、良くも悪くもファジーだ。

もしかしたら、コミュニケーション不全と指摘されかもしれない。
でも、個人的にはこれくらい気楽なコミュニケーションで十分秊

|

« マンゴータンゴスワークル(タリーズコーヒー)マンゴーLOVE Vol.4 | トップページ | マーケティングブロガーと呼ばれる、か? »

ブロガーの・による・のための」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ClickcommentsをSeesaaブログに導入する方法(まとめ):

« マンゴータンゴスワークル(タリーズコーヒー)マンゴーLOVE Vol.4 | トップページ | マーケティングブロガーと呼ばれる、か? »