« [書評]『GIANT KILLING』第2巻、偏差値35はだれだ? | トップページ | 『リーダーシップ入門』を読みはじめる »

iPhoneの直感的UIと失格ツール三原則

あるツールのインターフェイスを考えている最中だったので、すごい衝撃裂
ぜひ、この映像をみてほしいので紹介する。

Life is beautiful【e】

Life is beautiful下のビデオは一歳度児がiPhoneのフォト・アルバムの機能を使っている姿を撮影したものだが、これを見ると「直感的なUI」とは、まさに人間が赤ん坊のうちにマスターする"hand eye cordination(目からフィードバックを受けながら手先を動かして物をコントロールする能力)"に合致したものなのだということが良く分かる。
(以上、引用)

ビデオの操作を見ていると、ほんと楽しそう。
こんなツールを作ってみたい、とワクワクしてきた秊

インターフェイスについては、前の会社でお世話になったT師匠から、失格ツール三原則をいただいている

  • 直感で操作がわからないツールは失格
  • マニュアルが必要なツールは失格
  • 使ってて楽しくないツールは失格
とにかく、頭をひねりまくってみる嶺

|

« [書評]『GIANT KILLING』第2巻、偏差値35はだれだ? | トップページ | 『リーダーシップ入門』を読みはじめる »

ケータイ進化論」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの直感的UIと失格ツール三原則:

« [書評]『GIANT KILLING』第2巻、偏差値35はだれだ? | トップページ | 『リーダーシップ入門』を読みはじめる »