« しがらみを捨てる快適さ(P3からP4へ) | トップページ | Kaspersky(カスペルスキー)試用レポート(しがらみを捨てる快適さその3) »

セキュリティソフトも顔で選ぶ時代に(しがらみを捨てる快適さその2)

新しいパソコンへの移行がひと段落し(詳しくは「しがらみを捨てる快適さ(P3からP4へ)」)、その快適ぶりに感動していた玲

だが、ひとつ大事なことを忘れていた。
セキュリティソフトをインストールしていなかったのだ。
もしかしたら、PCの動きが早いのもそのためかもしれない。

最近、セキュリティソフトも種類が増えてきたが、わたしは一途にノートン博士を信頼してきた。
あの知的な表情のノートン博士がパソコンを守ってくれると信じてきた。

ピーター・ノートン (Peter Norton)とは | 略歴・経歴・プロフィール | ピーター・ノートン・コンピューティング社の創立者【e】

ピーター・ノートン (Peter Norton)とは | 略歴・経歴・プロフィール | ピーター・ノートン・コンピューティング社の創立者ピーター・ノートンとは、米国の元プログラマーである。現在は画商をしている。1943年11月14日、ワシントン州に生まれた。
(以上、引用)

でも、最近のセキュリティ犯罪の増加を鑑みるに、知性だけでいいのだろうか、と疑問を感じてきた。
というのは、ワイルドさを売りにしたセキュリティソフト、Kasperskyの存在が気になっていたからだ。(続きを読む)

販売元は、ATOKや一太郎でおなじみのJUSTSYSTEM。
試用版がダウンロードできるので使ってみる雷

XP_02_20070814.JPG
※インストール画面でユーザーを威嚇するカスペルスキー氏
「とっととインストールして、試用版から製品版に移行せいや!」
とでもいいそうだ。

この眼光鋭い表情を見ると、セキュリティソフトとして信頼できる気になるから不思議秊
というのは、わたしだけか?

(インストール後の動作については、別のエントリーで)

|

« しがらみを捨てる快適さ(P3からP4へ) | トップページ | Kaspersky(カスペルスキー)試用レポート(しがらみを捨てる快適さその3) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティソフトも顔で選ぶ時代に(しがらみを捨てる快適さその2):

« しがらみを捨てる快適さ(P3からP4へ) | トップページ | Kaspersky(カスペルスキー)試用レポート(しがらみを捨てる快適さその3) »