« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

imagingの世界を伝える新宿、コニカミノルタプラザ

The essentials of imaging
はコニカミノルタの企業メッセージ。

同社のサイトでは
(日本語)
イメージングの世界でお客様に必要不可欠なものをご提供し、必要不可欠な企業として認められる存在になる、というメッセージです。
(英語)
The message represents our wish to be acknowledged as an essential company, by offering essential products, services and solutions to our customers in the world of imaging.
と解説されている。

でも、「イメージングの世界(the world of imaging)」という言葉がわかるようでわからない。


イメージング(imaging)とは、「画像化」「描画(びょうが)法」「撮像(さつぞう)法」などを意味する言葉として、すでに広く通用しています。
「現代の倫理道徳 Q&A<2004-68>」から引用)
というのも概念的で、やっぱりわかりづらい。

今回CyberBuzzの紹介で訪問するコニカミノルタプラザで確認してみたい。

ギャラリー(東京都新宿区) | コニカミノルタ【e】

ギャラリー(東京都新宿区) | コニカミノルタ新宿駅東口の「コニカミノルタプラザ」は、コニカミノルタとお客さまとのコミュニケーションの場としてさまざまなイメージ表現により情報発信活動を行っています。
館内に3つの独立したギャラリーを持ち、お客さまに楽しんでいただける多彩でオリジナリティあふれる展覧会を開催しています。
私たちが大切にしているのはすべての世代の方々に気軽にお越しいただき、何かを感じていただくことです。
これからもさまざまな展示・イベントを実施いたしますので、ぜひ「コニカミノルタプラザ」へお越し下さい。

コニカミノルタプラザ館長
(「コニカミノルタプラザとは」から引用)

続きを読む "imagingの世界を伝える新宿、コニカミノルタプラザ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲームショウ2007で何人のコンパニオンに写真撮影をお願いできるか

自他ともに認める口べたかつ、シャイなわたしにとって
他人に声をかけることは結構骨が折れる。
セミナーや勉強会に参加しても、名刺交換せずに帰る。

しかしだ。
社交性も重要なビジネススキルのひとつ。
東京ゲームショウで自らの限界に挑戦してみた。

(前提条件)

  • 撮影者:30代後半サラリーマン。つまりわたし
  • 撮影機器:ケータイ付属のデジカメ機能
  • 日時:9月20日(木)15:10~16:40。約90分間
  • 昨年実績:0人

続きを読む "東京ゲームショウ2007で何人のコンパニオンに写真撮影をお願いできるか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

39歳まであと1年3ヶ月

あと1年3ヶ月で39歳になる。
その事実と直面するきっかけになったブログや記事を紹介する。

経営者、報道関係者、研究者と仕事は異なるが、
いずれも39歳がポイントなのが面白い。

「アナログなWEBアカウントプランナー:20年読み続けている本 「経営に終わりはない」」
「茂木健一郎 プロフェッショナル日記: タカさんの前傾姿勢再び」
「39歳でMIT教授!タンジブル・ビッツを生んだ石井裕/Tech総研」
(続きを読む)

続きを読む "39歳まであと1年3ヶ月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラッカー転じて、モビリティ思考へ

「リーダーは外に飛び出さなくてはならない」という意見に同感。

NBonline Special: 戦略ワークスタイル・イノベーション リーダーたちのモビリティ思考【e】

NBonline Special: 戦略ワークスタイル・イノベーション リーダーたちのモビリティ思考「モビリシティ思考」を備えていることがビジネスリーダーの条件になる
という切り口で東芝のノートPCの広告企画を展開。
解説は日経BPの取締役、坂井綱一郎氏。
(続きを読む)

続きを読む "ドラッカー転じて、モビリティ思考へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6つのコンセプト作成心得にうなる

①誰も考えていないことは何か (「コンセプト作成心得|村山涼一の昨日やった企画」から引用)
いきなり、そうくるとは。

マーケターの村山涼一氏が自身のコンセプト作成心得として6つのポイントを紹介している。必読かつぜひ身につけたい。
(続きを読む)

続きを読む "6つのコンセプト作成心得にうなる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ

「読者の数ほど、成功者は誕生しない」
このことをわたしは「成功哲学本の罠」と呼んでいる。

しかし、『夢をかなえるゾウ』を同類と決めつけると、あなたは損をする。

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ水野敬也

飛鳥新社 2007-08-11
売り上げランキング : 57
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の真価は、巻末の38冊の参考文献から集めた成功哲学そのものではない。
読者が変化するための仕掛け、「実行力」のサポートにある。
(続きを読む)

続きを読む "書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナーとランディングページの関係

「バナーはショーウィンドウ。LPは店内ディスプレイ。  店内ディスプレイもLPもファーストインプレッションが大事」 (「アナログなWEBアカウントプランナー:バナーはショーウィンドウ」から引用)
さくッと納得。

では、ファーストインプレッションを決めるのはなにか?。(続きを読む)

続きを読む "バナーとランディングページの関係"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インドもいいけど、アイルランドもね

空想と想像を織り交ぜて思考の旅にでられる国、
アイルランドがわたしは好きでたまらない。

なかでも、大西洋にのぞむ断崖絶壁に残る砦の遺跡
「Dun Aengus」ほど、
空想が広がる場所はない。

「Dún Aengus - Wikipedia, the free encyclopedia」

「いままで旅行した中でどこの国が1番良かった?」
というお題について考えてみた。(続きを読む)

あなたの旅の思い出をブログに書こう!

続きを読む "インドもいいけど、アイルランドもね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンジス河でバタフライ vs タージマハルで盆踊り

2歳からの数年間、インドの首都ニューデリーに住んでいた。
といっても当時の記憶はあまりなく、アルバムで記録を振り返る程度だが。

「三つ子の魂百まで」の時期に、初海外としてインドにいたことは、わたしに影響しているのだろうか。
とりあえず、カレーは好きだ

さて、今回、旅行記「ガンジス河でバタフライ」が長澤まさみさんの主演によってテレビドラマ化されると知り、インドでの経験を紹介する。

まず、タージマハルの前で撮った写真のことからはじめよう(続きを読む)

続きを読む "ガンジス河でバタフライ vs タージマハルで盆踊り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状が減ったのはデザインのせいか?

郵政省の発表によると年賀はがきの減少傾向が続いている。
「年賀葉書まめ知識 昭和24年からの年賀葉書発行枚数の推移」
それでも40億弱売れているのだけど。

そこで有名デザイナーの佐藤可士和さんの協力で販売を立て直そうとしている(NHKのニュース)。

でも、年賀はがきの枚数が減ったのはデザインの問題だろうか?(続きを読む)

続きを読む "年賀状が減ったのはデザインのせいか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激減!月間ページビュー3割ダウン(ブログレビュー2007年8月)

8月のページビューは対前月比で大きく減少した。

記事を書かねば、見られまい。
って、きじも鳴かねば、打たれまい、に似ていることに気付いた。

と、現実逃避してもしようがないので、いつもどおり「Seesaaブログ」のアクセス解析機能で2007年8月をレビューする。(続きを読む)

続きを読む "激減!月間ページビュー3割ダウン(ブログレビュー2007年8月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »