« インドもいいけど、アイルランドもね | トップページ | 書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ »

バナーとランディングページの関係

「バナーはショーウィンドウ。LPは店内ディスプレイ。  店内ディスプレイもLPもファーストインプレッションが大事」 (「アナログなWEBアカウントプランナー:バナーはショーウィンドウ」から引用)
さくッと納得。

では、ファーストインプレッションを決めるのはなにか?。(続きを読む)

わたしは「言葉」だと思っている。

絵的に表現できる商品・サービスでも
キャッチコピーが重要だ。

選んだ単語
単語を組み合わせた言葉

ターゲットに届くか、刺さるかを
考え抜くのがマーケターの仕事のひとつ。
知恵の絞りどころだと思っている。

|

« インドもいいけど、アイルランドもね | トップページ | 書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ »

加速するWebマーケティング」カテゴリの記事

コメント

同感です!

投稿: doumori | 2007年9月14日 (金) 21時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナーとランディングページの関係:

« インドもいいけど、アイルランドもね | トップページ | 書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ »