« 年賀状が減ったのはデザインのせいか? | トップページ | インドもいいけど、アイルランドもね »

ガンジス河でバタフライ vs タージマハルで盆踊り

2歳からの数年間、インドの首都ニューデリーに住んでいた。
といっても当時の記憶はあまりなく、アルバムで記録を振り返る程度だが。

「三つ子の魂百まで」の時期に、初海外としてインドにいたことは、わたしに影響しているのだろうか。
とりあえず、カレーは好きだ

さて、今回、旅行記「ガンジス河でバタフライ」が長澤まさみさんの主演によってテレビドラマ化されると知り、インドでの経験を紹介する。

まず、タージマハルの前で撮った写真のことからはじめよう(続きを読む)

アルバムに残っているインドらしい写真は、

  • インド象に乗る
  • インド人と一緒
  • ニューデリーの高級ホテル、オベロイのプールで泳ぐ
などなど。

なかでも不思議なのが、タージマハルの前で浴衣を着ている写真だ令

タージマハルってのはこちら。

Taj Mahal - UNESCO World Heritage Centre【e】

Taj Mahal - UNESCO World Heritage Centreユネスコの世界遺産のページです。
白い大理石で美しく装飾された建物の前で、わたしは満面に笑みを浮かべているのだ。紺色の浴衣を着て。

父や母は幼いわたしの浴衣姿を通して、日本の文化をインドに伝えようとしたのだろうか。今度本人に聞いてみようと思う。

これがわたしの初海外である。

え?盆踊り?
浴衣は着てるけど、三歳じゃ踊れたかどうか秊

※免責事項:わたしはコラブロさんによる今秋テレビ朝日系列で放送予定の長澤まさみ主演『ガンジス河でバタフライ』番組連動コミュニティの企画で、この記事を執筆しています。
特に謝礼をいただく予定はありませんが、プレゼントがあるかも?という噂があります。

|

« 年賀状が減ったのはデザインのせいか? | トップページ | インドもいいけど、アイルランドもね »

驚きのブログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンジス河でバタフライ vs タージマハルで盆踊り:

« 年賀状が減ったのはデザインのせいか? | トップページ | インドもいいけど、アイルランドもね »