« 100ドルPCがついに日本上陸!フォトレポートin Web 2.0 EXPO | トップページ | Web2.0 EXPOの最大の収穫(Microsoftさん、ありがとう) »

100ドルPCのキュートなUIフォトレポートin Web 2.0 EXPO

「Web 2.0 EXPO」の2日目。
ティム・オライリー氏とTwitterの共同創立者であるエヴァン・ウィリアムズ氏の対談をよそに、
わたしの関心は100ドルPCの稼働状況にあった。

前日のわたしの熱狂ぶりが印象的だったのか、
Operaブースのかたが声をかけてくれた。
「今日は動いてますよ」

100pc_01_20071117.jpg
見事立ち上がっているOperaブラウザー。
英BBCのサイトを表示。

100pc_02_20071117.jpg
自在にサイズを変更できる。
スムーズなサイジングもOperaならではだが、
それほど高性能ではないスペックでも動きは軽快。

100pc_03_20071117.jpg
もう一度、拡大してみる。
あれ?よく見るとURLがローカル。
ネットワーク接続がうまくいかず、ブラウザはデモ状態。
せっかくなのでOSや他のアプリをいじってみる。

キュートなUI
100pc_04_20071117.jpg
他のアプリケーションを起動したい場合、画面右上にマウスカーソルを移動させる。
そうすると、画面内側にアイコン群が表示されるので、クリックすればいい。

100pc_05_20071117.jpg
ほかのアプリを立ち上げると、
アプリケーションの起動状況が表示される。
アイコンだけでも十分にわかりやすい。

軽快な動きに感心していると、
ブースのかた曰く、
「ソフトウェアもそうですが、OSが軽いので」とのこと。

Linuxにふれた経験は皆無だが、大いに使ってみたくなった。

100pc_06_20071117.jpg
こちらがOperaのブース。
二日連続、長時間、100ドルPCをさわらせていただき、感謝。

ふと振り返れば、
100pc_07_20071117.jpg
輝くマイクロソフトさんのブース。
かつて、、オープンソースVSマイクロソフトなどと言われていたことを思い出した。

一消費者としては、ハードウェアもソフトウェアも安いにこしたことはない。
ただし、ユーザービリティーを損なわない範囲で、という前提がつく。

5年後、いや3年後、PCはどうなっているのだろうか、
と空想しつつ、「Web 2.0 EXPO」をあとにした。

関連エントリー
「100ドルPCがついに日本上陸!フォトレポートin Web 2.0 EXPO」

関連記事
「【Web2.0 EXPO】米ツイッターの共同創立者が登壇「日本語化は進めている」:ITpro」

|

« 100ドルPCがついに日本上陸!フォトレポートin Web 2.0 EXPO | トップページ | Web2.0 EXPOの最大の収穫(Microsoftさん、ありがとう) »

マーケティング・ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100ドルPCのキュートなUIフォトレポートin Web 2.0 EXPO:

« 100ドルPCがついに日本上陸!フォトレポートin Web 2.0 EXPO | トップページ | Web2.0 EXPOの最大の収穫(Microsoftさん、ありがとう) »