« 見城徹氏が日経新聞「私の航海図」に登場、やっぱり圧倒的な努力だ | トップページ | デジパの桐谷社長のブログから学びまくり »

NHK『人形劇 三国志』第一回「桃園の誓い」で知った孔明の頭のヒミツ

日曜深夜に見かけたNHK『人形劇 三国志』、第一回の「桃園の誓い」に盛り上がった。
再放送がはじまったのかと勘違いしたからだ。

残念ながら、NHKアーカイブスで放送されたに過ぎなかった。

それにしても、全68話という贅沢で重厚な構成はすばらしい。
どうやってこれだけの規模の番組企画を通したのだろうか。

さて、この番組のために作られた人形は、なんと200体。
作者は川本喜八郎氏。

番組では孔明の制作を巡る川本さんの苦労話が披露された。

孔明の頭(かしら)は作るたびに、
「わたしは孔明ではない」と否定され作りなおした。

深夜、作り上げた四つ目の頭がようやく
「わたしが孔明である」
と語りかけてきた。
(「NHKアーカイブス『人形劇 三国志』」から。少し正確性にかけます。)

200分の1でも、すさまじい仕事振りだ。
徹底的な仕事をするひとは違う。

再放送が、本日11月5日(月)の午後3時から予定されているので、
興味のあるかたはどうぞ。

関連サイト
「NHKアーカイブス(番組)」
「人形劇 三国志 - Wikipedia」
「川本喜八郎 Official Web Site」

|

« 見城徹氏が日経新聞「私の航海図」に登場、やっぱり圧倒的な努力だ | トップページ | デジパの桐谷社長のブログから学びまくり »

ワークスタイル&キャリア」カテゴリの記事

コメント

人形劇の三国志は本当に素晴らしいですね。あの衣装にやられてしまいます。
新助も見逃せませんが 笑

最近は、e-bookで横山光輝三国志を1から再読。パソコンでコミックが読める。良い時代になったものです。
そして良い作品というものは何度読んでも味わい深いもの。たまりません。

投稿: yasui | 2007年11月 6日 (火) 10時30分

衣装もさることながら、人形の表情がいいです。
曹操派の私にはあのクールな顔つきが、らしくて特に気に入っています。

横山光輝版も永遠のヒット作ですね。
関羽のひげがかっこいいんだよなあ。

投稿: zuka | 2007年11月 6日 (火) 10時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK『人形劇 三国志』第一回「桃園の誓い」で知った孔明の頭のヒミツ:

« 見城徹氏が日経新聞「私の航海図」に登場、やっぱり圧倒的な努力だ | トップページ | デジパの桐谷社長のブログから学びまくり »