« 出現、ジェットストリーム(団塊ジュニア向けマーケティング) | トップページ | インターネットの制約を価値、そして想像の源へ »

上杉謙信、出陣の台詞にしびれる

NHK大河ドラマ『風林火山』もまもなく最終回。

内野聖陽の山本勘助も渋いが、
Gackt演じる上杉謙信もかっこよかった。

おかげで謙信=坊主頭のイメージがなくなってしまった秊

前回の「いざ川中島」でも発した
謙信の出陣演説(?)が美しいのでメモっておく勒

運は天にあり 鎧は胸にあり 手柄は足にあり

死なんと戦えば生き
生きんと戦えば必ず死するものなり

その決意をもってふた心なきこと
毘沙門堂へ向かって誓うは不要なり

我こそが
我こそが
毘沙門天なり
NHK『風林火山』から)

「手柄は足にあり」が個人的につぼ裂

|

« 出現、ジェットストリーム(団塊ジュニア向けマーケティング) | トップページ | インターネットの制約を価値、そして想像の源へ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

運は天にあり
鎧は胸にあり
手柄は足にあり

投稿: K.yasui | 2007年12月 3日 (月) 09時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上杉謙信、出陣の台詞にしびれる:

« 出現、ジェットストリーム(団塊ジュニア向けマーケティング) | トップページ | インターネットの制約を価値、そして想像の源へ »