« 浦和レッズ、対セパハン戦の永井の先制点に結果をだす意味を思う | トップページ | 至言「ビジネス書は同じことが書いてある」 »

マサイ族よりすごいMBTのトレーナー(前編)

「0.5cmから1cmは大きいサイズをおすすめします。」
とすすめられてくれるMBTことMasai Barefoot Technologyの説明員のかた。
AMN(アジャイルメディアネットワーク)によるMBTブロガーミーティングの会場でのことだった。

MBTは「Masai Barefoot Technology」の略。
直訳すれば「マサイ族の裸足の技術」。
歩き方を人間にとって自然な状態にもどすための靴だそうだ。

mbt_02_20071215.jpg

といっても、通販で買ってはいけないものの代表格の「靴」。
会場は、履いて歩く体験ができるよう準備されていた。

しかし、わたしはもともと28.5cmという大足。
アイススケートやボーリングで靴を借りるたびに、
係員を呼び出した寂しい記憶がよみがえる。
しかも、少々大きめとなるとほとんど30cm。

そんなサイズある?と心配したが、
MBTはもともとスイス発のシューズ。
海外仕様でサイズのバリエーションは豊富だった。

mbt_01_20071215.jpg

MBTの概要説明のあと、無事にフィッティング作業を終えると、
わたし含めた参加者が流れるプールよろしく、
決して広くない会場内で歩くトレーニングをはじめた。

ふわふわした着地感と、
地面をかむように歩くという新感覚に、
一気に夢中になってしまったが、
端から見ればかなり怪しい光景だったろう。

もちろん靴としてのMBTの完成度は高いのだろうが、
秀逸なのはMBTの販売元、エバニューのかたの説明員、
いや「トレーナー」といってしまおう。
身体の構造や歩き方に関する説明が、具体的でわかりやすい。

mbt_03_20071215.jpg

1足3万円という高額な商品だけに、
十分な説明がなければ販売しづらいと想像していたが、
むしろ優秀なスタッフあってのMBTなのだ。

イベントそのものは以上として、
次のエントリーではモニタープログラムに参加した感想を掲載する。

※免責事項:わたしはMBTのモニタープログラムに参加しています。
MBTシューズ1足を無償提供いただき、ブログエントリーを最低1件投稿することが参加条件となっています。

関連サイト
「MBT - Masai Barefoot Technology」
「MBTブロガーミーティングにご参加いただきありがとうございました。 : AMNブログ」

|

« 浦和レッズ、対セパハン戦の永井の先制点に結果をだす意味を思う | トップページ | 至言「ビジネス書は同じことが書いてある」 »

驚きのブログ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マサイ族よりすごいMBTのトレーナー(前編):

« 浦和レッズ、対セパハン戦の永井の先制点に結果をだす意味を思う | トップページ | 至言「ビジネス書は同じことが書いてある」 »