« au携帯で親指シフト練習 | トップページ | INFOBAR2で食べ物を美味しく撮影する方法(模索中) »

コメント・トラックバックについて

ここブログにコメントやトラックバックをいただくかたにご案内いたします。
以下の内容は「日々是ブログ: コメント・トラックバックについて」さんからいただき、
訂正・加筆部分は赤字にしてあります

日々是ブログ「PASSION HACK 情熱でマーケティングに差をつけろ!」は、
マナーやお作法にはとっても厳しいブログです。
コメント、トラックバックをして下さる方は以下を厳守願います。

■コメントについて

コメントは有る程度の長さがなければいけないという事は、まったく
有りません。一言コメント大歓迎です。挨拶だけでももちろんOK。

コメントにあまりにも長の長文は、むしろ大歓迎です。読み応えの有る
記事は自分のブログにでは無く、日々是ブログ
「PASSION HACK 情熱でマーケティングに差をつけろ!」
のコメント欄に。

記事に関連の無いコメントもやっぱり大歓迎。関係の無いコメントは
抵抗が有るという方は、ログは残りませんがサイドバーに有る掲示板
をご利用下さっても結構です。

2重投稿は大歓迎...では有りませんが、こちらで発見次第サクッ
とダブり分は削除致します。削除依頼は必要有りませんが、あまりにも
放置されている場合はコメントで(゚Д゚)ゴルァ!!して下さい。

■トラックバックについて

トラックバックする時は、記事中にこちらの記事へのリンクは無くても
かまいません。貴方の記事に必要だと判断された場合のみリンクや
引用をしてくだされば結構です。

現在トラックバックは承認制になっています。
いただいたトラックバックがこのブログに表示されるまで
お時間をいただくことがあります。
スパム増加中のため、ご理解いただけるとありがたいです。

同じトラックバックが沢山...これもダブり分は削除しますので特に
削除依頼は必要有りません。放置の場合のみ(゚Д゚)ゴルァ!!で。

なお、こちらの記事に関係のないトラックバックと判断した場合は、
さくっと削除いたしますので、予めご了承ください。


■コメント・トラックバック共通

あまりにも古い記事に対しての、コメント・トラックバックはむしろ
大歓迎です。時系列に表示されるブログという性質上古い記事は埋もれ
てしまいがちです。そんな眠っていた記事が目覚める気がするコメント、
トラックバックはむしろ大歓迎です。どんどん掘り起こして下さい。

■最後にお願い

コメント、トラックバックは貴方の考える作法に則ってお願いします。
貴方の作法、つまりご自分がされて嫌な事は、ここでもしないで欲しい
という事です。逆に気に入って頂けた場合は、貴方がしてもらって嬉し
かった事を私にもして頂けると有り難いです。

コメントやトラックバックは頂けるだけで感謝しなければいけないのに
本当に勝手なお願いで申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

関連ブログ
「日々是ブログ: コメント・トラックバックについて」 転載を快諾いただき、ありがとうございました。
「facet-divers: コメント・トラックバックについて」 日々是ブログさんと出会わせていただき、ありがとうございました。

|

« au携帯で親指シフト練習 | トップページ | INFOBAR2で食べ物を美味しく撮影する方法(模索中) »

このブログについて」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。
私のところもBBS外したので文章直さないといけませんね。
それでは今後ともよろしくお願いします。

投稿: 電算担当者 | 2008年1月31日 (木) 22時37分

素早いですね!(^^)

ところで、うちは、トラックバックは承認制じゃなくてすぐに公開する設定にしてあるのですが、古い記事等へのTBが勝手に公開保留されてしまうのです…。
何とかして欲しいものです。>ココログさん
# ということで、気付かず長期間保留になっていることがよくあります(^^;。ご了承を。

投稿: facet | 2008年2月 2日 (土) 01時17分

電算担当者さま
ありがたく掲載させていただきました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

投稿: zuka | 2008年2月 2日 (土) 01時20分

facetさま
>古い記事等へのTBが勝手に公開保留されてしまう
どこかほかのブログでも同じ現象があったような(笑)
もしかしたら、ココログというより、MTの問題かもしれませんね。

投稿: zuka | 2008年2月 2日 (土) 01時22分

>もしかしたら、ココログというより、MTの問題かもしれませんね。

いや、これ、仕様なんですよ。
スパム対策の一貫として、最初からそういう風に設計されてるんです。
新しい記事へのTBまで保留されてしまうことがあるのはご愛嬌ですが。(^^;

投稿: facet | 2008年2月 2日 (土) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメント・トラックバックについて:

« au携帯で親指シフト練習 | トップページ | INFOBAR2で食べ物を美味しく撮影する方法(模索中) »