書評といいつつ

[書評]あなたは止まっていないか?と]『GIANT KILLING』第4巻は問いかける

世の中や組織、とにかく周囲は変化している。
あなただけ取り残されていないか。

逆にお前達の場合は
時間が止まってるんだよ
チームが前に進んでいるのに
お前達はそれでいいのか?
(『GIANT KILLING』第4巻から引用)

ビジネスに効くコミック誌、モーニング。
なかでも、ビジネスに効くサッカーマンガNo.1、『GIANT KILLING』。
待望の第4巻が登場した。

あらすじ

リーグ戦が開幕し、いきなり連敗が続くETU(East Tokyo United)。
そんななか、監督の達海がとんでもない練習のアイデアをだす。
チーム最強の悪役顔のDF黒田が猛反発。
しかし、その練習の真の狙いに気づいたとき、、、。

頭と体が変化できるか

新監督のもと、新しいチームに生まれ変わろうとするETU。
頭ではわかっているけど、体がついてこない選手がいる。

まるで組織の変革のスピードに乗り切れないベテラン社員のように。

わたし自身、30代後半に入った。
「あのとき」と昔話をしてしまう自分にはっとする。

そんなときは同僚に聞いてみよう。
「な、おれって最近どうかな?」(という質問する時点でやばいか(笑))

黒田の周囲には、冷静沈着なDF杉江や、寡黙なGK緑川がいる。
あなたの会社にはそんな同僚がいないだろうか?

きっと、ヒントをくれるだろう。
「あ?意味わかんねえ」(by 黒田)
なんていわないように。

ベテラン入りしたばかりのかたに、特におすすめ。
かなりベテランのかたにも、もちろんおすすめ。

GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニングKC)
4063726606 綱本 将也 ツジトモ

講談社  2008-01-23
売り上げランキング :

おすすめ平均star
star我慢の時

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至言「ビジネス書は同じことが書いてある」

ビジネス書を何百冊も読んでいると、 ほとんど同じことが書いてあることが分かってきた。 (日本経済新聞2007.12.15「良書選び 速読のススメ」から引用)
ライブレボリューションの社長、増永寛之氏の至言。

nikkei_20071216.jpg

そのため、同氏は本の上半分しか読まないという。

読書法も面白いが、
どの本と同じことを書いているのか?
と源流みたいな一冊を教えてほしかった。

とはいえ、ビジネス書の書籍広告がいっぱいの日本経済新聞の取材での明言はすばらしい。

本の中に新しい発見が一行でもあればいいというスタンス。
(同記事からの引用)
わたしはビジネス書が好きで、よく読んでいる。
いつかこの境地に至るとしたら、それはそれで寂しい。

関連エントリー
「速読ならぬ、遅読がいい」
「名著『ドラッカー 365の金言』を無料で手に入れる方法(続・速読ならぬ、遅読がいい)」

関連サイト
「PRESIDENT BLOG [プレジデントブログ] (社長ブログ)増永 寛之」
「株式会社 ライブレボリューション 【モバイル広告代理店】」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夢をかなえるゾウ」100万部への道

「夢をかなげるゾウ」は100万部へ向かっているらしい。
2007年12月5日の日経新聞夕刊「ベストセラーの裏側」から。

zou_20071206.jpg

要約すると、

  • 小説仕立ての自己啓発本(ポジショニング)
  • 現時点で10刷15万部(販売状況)
  • 神と人間との語り合い(切り口のユニークさ)
  • 愛と笑いのファンタジー小説(キャッチ)
  • 映像作品化やキャラクター商品化などをもとに展開して100万部へ(展開力)

ここまでヒットするとは驚き、といいたいところだが、
個人的には違和感がない。

周囲の同僚3人に貸したところ、
3人とも自分用に1冊、ひとによっては友人のためにもう1冊
買ったほどだからだ。

100万部ってのは遠すぎるけど応援したい秊

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ水野敬也

飛鳥新社 2007-08-11
売り上げランキング : 19
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連エントリー
「書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『皇国の守護者』第5巻は最終巻ではない(という予想もしくは願望、妄想)

N師匠から

皇国の守護者の5巻がでたな。
本当に最終巻なのか?
という連絡(一部、脚色)が届いた。
全力をもってこれに応えよう。

第5巻は最終巻ではない

これだけヒットしている『皇国の守護者』の連載を
終わらせる理由が見あたらない。
(ヒットはわたしの周囲だけという可能性はある。)
もしかしたら、今後のストーリー展開が少年誌向きではないと
判断された可能性はある。

同時に、最近いくつかのコミックで見られる“作家の移籍問題”が
背後にあると予想している。

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場した
フリーの漫画編集者 長崎尚志氏の放送のとおり、
常に締切に追われる漫画家は精神的に追い込まれている。
当然、編集者との衝突も起こるだろう。

週刊『モーニング』に連載されている福満しげゆき氏の.「僕の小規模な生活」では、
講談社ともう1社の編集者に挟まれプレッシャーにもがく作者が描かれている。

そうだ、きっと移籍するにちがいない。
だとしたら、どの会社のどの雑誌が受け継ぐのか。

大本命は講談社、対抗は集英社自身、大穴は幻冬舎

講談社は他誌からの移籍はもちろん、同社内での媒体移動がある。
例えば、現在『アフタヌーン』に連載されている幸村誠氏の『ヴィンランド・サガ』は当初、『少年マガジン』に登場。
また、『モーニング』で『へうげもの』を執筆する山田芳裕氏は『ヤングサンデー』で『デカスロン』をヒットさせたが、いまはモーニングに戻っている。

力強いコミック誌をもつ講談社が大本命なのは間違いない。

この講談社の力にまともに対抗できるコミック誌は見当たらない。
と思っていたが、実は集英社自身という可能性があるようだ。

知人から聞いた話によると、今回の打ち切りは人気の再確認のためのというのが強いみたいで、今月のアンケート次第ではジャンプスクエアに移籍が濃厚だそうです。
「2007-09-17 - 84式鵺屋台」から引用)
本当だとしたら、自作自演ともいえる、読者無視な判断だ。

そして、もうひとつの可能性として幻冬舎をあげたい。
幻冬舎の月刊コミック誌『コミックバーズ』がその受け皿となる。
講談社からのマンガ家の移籍を受け入れた実績をもつ、
勇気あるチャレンジャーだ。

例えば、うめ氏の『東京トイボックス』は講談社の『モーニング』で連載していたが突如終了。
その後、『大東京トイボックス』として復活をとげている。

さらに、幻冬舎の社長、見城氏は
『皇国の守護者』の主人公、新城とは苗字が一字違いだ。
きっと動いてくれるに違いない。

数ヶ月以内に、復活してほしいと考える読者はわたしひとりではないはずだ。
以上、『皇国の守護者』の連載再開に向けた予想、もしくは願望、妄想である。

第5巻について

第5巻はインターバル的な位置づけながら、
第6巻以降、明らかになるであろう伏線が貼られまくるので見逃せない。

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプコミックス)
皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプコミックス)佐藤 大輔 伊藤 悠


おすすめ平均 star
star無念……。
star残念。
star表紙が怖いです><
star何故終わる・・・・・・
starなんでですか!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『オーレ!』第5巻によれば、2019年のリーグ王者を浦和と競うのは2部から現れる

浦和レッズがAFCアジアチャンピオンズリーグで優勝し、
アジアのクラブチームの頂点にたった。


優勝、おめでとうございます。

そんななかコミックバンチで連載終了した『オーレ!』の最終巻を手にとった。

ストーリー
主人公、地方公務員の中島が
出向先の弱小サッカーチーム「上総オーレ」の
運営にのめりこんでいく。

第4巻で、J2ならぬN2リーグ降格をまぬがれたものの、
クラブの経営事情は苦しい。

クラブの繁栄によって地元も発展するという理想と、
降格寸前のチームが支援を得られない現実にもがき苦しむ。

そして、第5巻で中島は大きな選択を迫られる。

ドイツから学ぶ
元ドイツ代表のDFレネに誘われてドイツに渡った中島は、
圧倒的な違いに唖然とする。

市民にはスポーツをして
健康な生活をする権利がある
その環境を整えるのに
税金を使うのは当たり前

そこで日本なら大きな体育館を
作ってしまうところですが
ここでは芝のグラウンドを作る

その方が多くの人が使えますからね
それだけのことです
(『オーレ!』第五巻から引用)

もちろん、100年かかって作られたサッカーは文化であり、
まだまだ日本と比べようもないが。

2019年の夢
中島が考えることは常にひとつ。

上総オーレが世界一になるにはどうすればいいんだ
繰り返し自問し、行動に移していく。
その姿は、どんな業界で働いていても、参考になるだろう。

4107713652オーレ! 5 (5) (BUNCH COMICS)
能田 達規
新潮社 2007-11-09

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『サクセスフルエイジングのための3つの自己改革』、北風型健康法で健康な自分を手に入れろ

健康法には、太陽型と北風型がある。

前者は、ポジティブなイメージから健康になることをすすめるし、
後者は、恐ろしいイメージから不健康を警告する。

今回、O師匠から献本いただいた書籍は、前者のふりをした後者だ。
文字のサイズが大きくて読みやすいし、太字や赤字を組合せてメリハリもある。
でも、本書の内容は厳しいし、それだけ健康を巡る日本人が危険な状態にあるのだろう。

著者の川田浩志氏は、「抗加齢医学(アンチエイジング・メディスン)」の専門家であり、医者・研究者の立場から厳しい現実を伝えている。

本書が、他の健康法の類と一線を画すのは「エビデンス」にある。

では、どのような情報が信頼できるのでしょうか。そのような判断の際に重要なのがエビデンスの質、つまりサプリメントが効くという根拠・証拠の確実性です。このエビデンスの質の高さはいくつかの段階に分類されます。これによれば、権威者の経験などのような日本が昔ながら珍重してきた「某有名先生によれば」というのは最低レベルのエビデンスです。いくら偉い先生でも主観的な間違った思い込みもあります。
(本書から引用)
この潔さがすばらしい。
そもそも、世の中には、有名人や他の利用者のコメントや経験談が氾濫している。
個人の見解や経験が自分とは関係ないだろうと理性でわかっていても、
つい「へえ、そんな効果があるんだ」と感心してしまうが、
こと健康という重要なテーマは科学的にアプローしたい。

川田氏は

「3つの自己改革」は、しっかりとした質の高い最新の科学的エビデンス(証拠、根拠)をもとにしています。
(同書から引用)
と断言し、わたしのような一般人にありがちな常識を打ち壊していく。

その驚愕の事実をいくつかピックアップさせていただく。

  • がんの原因のうち遺伝は5%に過ぎない
  • 日本人の死亡原因の61%を生活習慣病が占めています。
  • 脳出血の発症頻度はがんと同様にアルコールの摂取量に比例して高くなっていきます。
  • カロリー制限が単なるダイエットの枠を越えて、寿命の延長にも効果を発揮する可能性のあることがわかってきました。
  • 定期的な運動は肥満、心臓病、脳卒中、成人型の糖尿病、骨粗しょう症などになる可能性を確実に低下させることが分かっています。
    (本書から引用)
ここまでわかれば、川田氏の提唱する3つの自己改革を導入するのに、抵抗はできない。

私なりに、食事、体、心を改めたいと思う。

しかし、抗加齢ドックが医療保険の適用にないのが残念だ。
本来なら受診して、自分の現実と直面したかった。

いや、怖くて受診できないかもしれないかも嶺

O師匠、献本ありがとうございました秊

サクセスフルエイジングのための3つの自己改革
サクセスフルエイジングのための3つの自己改革川田 浩志

保健同人社 2007-10
売り上げランキング : 64365
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『人生の生き方 2007年10-11月』、幻冬舎社長・見城徹氏は激熱い

NHK「知るを楽しむ 人生の歩き方」に登場した見城氏の放映回には、
常識との闘い
というテーマがつけられた。

見城氏が立ち上げた幻冬舎は、まさに常識に挑んだ出版社といえる。
わたしの手元にも同社のミリオンセラーが数冊ある。
「13才のハローワーク」「キッパリ」「陰日向に咲く」
ご存じのかたも多いだろう。

なので、書店でNHKの番組テキストを見かけて即、購入した。

kenjyo_01_20071104.jpg

放送終了したというタイミングの悪さに己を嘆いたが、
中身はとてつもなく熱い。
定価683円はお得すぎる。

kenjyo_02_20071104.jpg

気になった箇所に付箋を貼っているうちに、びっしりとなってしまった。

そのなかでも特に衝撃の強かった三カ所を紹介する。

まず一つ目。ベストセラーを世に送りだす手腕について聞かれ、

オリジナリティがあること、明快であること、極端であること、癒着があること・・・僕が勝手に結論付けた原則ではありますが、この四つの要素が、本であれテレビ番組であれ何であれ、売れるコンテンツの必要条件だと思っています。
(「人生の生き方 2007年10-11月」から引用)
3つめまではわかる。でも、4つめの「癒着があること」を言い切るのが強い。

続いて、二つ目は、新しい作家を見いだす名編集者と評されたことについて、

活字離れとか文芸の衰退なんて世間ではいわれているようですが、衰退しているのは文芸を編集する側ですよ。出版社側は、作者と読者の両方の胸の鼓動や息遣いに絶えず耳を澄ましているべきなのに、それができていないだけなんです。
(同、引用)
これまた、自らが身を置く業界を一刀両断。
自分の業界に置き換えて味わうと面白い。
○○離れとか□□の衰退なんて世間ではいわれているようですが、
衰退しているのは○□を提供する側ですよ。
提供者側は、××と顧客の両方の胸の鼓動や息遣いに絶えず耳を澄ましているべきなのに、それができていないだけなんです。
どきっとしないか?

さて、三つ目。幻冬舎を立ち上げて最初の正月を見城氏はどう過ごしたか。

朝十時頃出社して、事務所の向かい側にあった中華屋でラーメン食って、また夜の十時まで手紙を書く・・・・・・。言葉にすると寂しい正月ですが(笑)、そういうことが全部今につながっていくんです。ゼロからのスタートとはそういうこと。圧倒的な努力だけが結果を作るんです。(同、引用)
これまたすごい。

圧倒的な努力だけが結果を作るんです。
こんなこと言えるような働き方をしているってのがすごい。

とにかく、熱いフレーズが満載。
常識との闘い方を知りたいかたに、ぜひ読んでほしい。

人生の歩き方 2007年10-11月 (2007) (NHK知るを楽しむ/水)人生の歩き方 2007年10-11月 (2007) (NHK知るを楽しむ/水)
見城 徹 玄侑 宗久 日本放送協会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連サイト 「NHK知るを楽しむ NHK教育テレビ 月~木曜日 午後10:25~10:50」 「NHK知るを楽しむ NHK教育テレビ 月~木曜日 午後10:25~10:50 見城氏登場回の詳細」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ

「読者の数ほど、成功者は誕生しない」
このことをわたしは「成功哲学本の罠」と呼んでいる。

しかし、『夢をかなえるゾウ』を同類と決めつけると、あなたは損をする。

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ水野敬也

飛鳥新社 2007-08-11
売り上げランキング : 57
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の真価は、巻末の38冊の参考文献から集めた成功哲学そのものではない。
読者が変化するための仕掛け、「実行力」のサポートにある。
(続きを読む)

続きを読む "書評『夢をかなえるゾウ』は、成功哲学本の罠を打ち破る快書だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[書評]『GIANT KILLING』第2巻、偏差値35はだれだ?

毎週木曜日発売の週刊モーニングで最大の楽しみとなったサッカー漫画『GIANT KILLING』。
単行本としてまとめて読むと、さらに堪能できる。

giantkilling_01_20070723.jpg

あらすじ
第1巻でイースト・トーキョー・ユナイテッド(ETU)の監督に就任した達海。
第2巻では春期キャンプやブレシーズンマッチを通してチーム作りの模索が続く。

いままでのやりかたを貫こうとする者と、
新しい方法を求める者との衝突。
果たして正解は?

そしてようやく登場した司令塔、ETUの10番ジーノの能力は?

登場人物
24時間サッカーのことを考えていそうだが、まったく予想不能、達海(たつみ)。
達海監督を支えるベテランコーチ、松ちゃんこと松原。

チームには、キャプテンを外されたMF村越(むらこし)。
村越派のDF黒田(くろだ)、杉江(すぎえ)。
若手から芽生え始めた才能、MF赤崎(あかさき)。
そして、俊足MF椿(つばき)。

いずれリーグ戦で戦うであろう、敵チームも姿を見せはじめた。

ストーリーのポイント
第1巻で紅白戦に勝利して、レギュラー候補と達海に呼ばれて意気あがる若手選手。
面白くないのが村越を中心とするベテラン選手たち。
どちらにも属さない気まぐれ司令塔ジーノ。

衝突のなかから達海は何かを見つけ出そうとするのだが、、、。

おすすめの理由
プレシーズンマッチとはいえ、相手チームとの試合シーンは盛り上がる。
椿のオーバーラップのシーンは、浦和レッズの野人、岡野選手を連想させる。
動物じみた速さ、ってそのものずばり聾

組織が新しくなるとき、もとのカタチに執着するものは必ずいる。
それでも強くなるために変わらなければならない。
関係者自身が変化への気づきを見出せるかどうか、達海新監督の采配にかかっている。

改革に向けリーダーシップを発揮したいあなたにも!撚

おまけ・その1
読者が盛り上がるのは、(多分)初版限定の特別付録。
ETUの熱狂的サポーター集団、UNITED SKULLSのエンブレムシール。

これだ!
giantkilling_02_20070723.jpg

おまけ・その2

「さあ、チームを作ろう」というサカつくを連想させるコピーに連なるのは、
「偏差値35からのチーム作り」と
「これがフットボール漫画の新スタンダード」
ところで偏差値35ってだれ?嶺

関連サイト
「GIANT KILLING モーニング | 連載マンガの部屋」
関連エントリー
「書評『GIANT KILLING』、ゾクゾクさせる監督が現れた」
「MF村越の雄たけびは個の目覚め」

| | コメント (0) | トラックバック (0)