ケータイ進化論

モバイルフォトロガーの胎動(SO905iCSの可能性)

SO905iCSの発売が開始されたので、店頭で実機を確認した。

・サイズ
スライドケータイは厚くなるからか、かわりに横幅は狭い。
コンパクトに仕上がっている。

・重さ
見た目がコンパクトな反面、ずっしりと重い。
しっかりした作りは個人的に好きだ。

・フォトロガー機能
カタログベースで見る限り、撮影した写真からスムーズにブログに投稿できる。
でもいま使っているINFOBAR2も撮影した写真からメールへの添付は連携できる。
特に目新しくないような気もするが、「簡単ブログ投稿機能」というネーミングは大切だ。

・カメラ機能
ここからは圧巻。

光学三倍ズーム
夜間撮影可能な高輝度フラッシュ
3cmの接写可能なマクロ撮影
スマイルシャッター
パノラマ写真撮影
撮影した写真への位置情報の付加

撮影能力と写真の活用の点で強力な設計がされている。
ブログ用に、ケータイではなくデジカメを持ち歩くブロガーさんの話を聞いて、カメラ機能のケータイシフトはまだ時間がかかると思っていた。
しかし、この春DoCoMoとauから登場するCyber-shotケータイが強力な攻勢をかけそうだ。

・個人的な結論
スライドケータイの宿命か、キーボードが小さいのが痛恨。
おおぶりなわたしの指にはフィットしない。

でも、文字をあまり打たずに、写真を通してコミュニケーションするフォトロガーにはぴったりかもしれない。
※フォトロガーの定義がよくわかりませんが、フィーリングってことで。

・さらに個人的な結論
というわけで、わたし個人はもうひとつのデジカメ系ケータイCASIOのEXILIMの追撃に期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

INFOBAR2で食べ物を美味しく撮影する方法(模索中)

W51CAをINFOBAR2に機種変更して、困っていることがある。
「食事の写真が美味しく撮れない」のだ。

画素数は、W51CAが207万、INFOBAR2が197万とほど同等のはず。
だが、INFOBRA2で撮るようになってから、
「うまく撮れた」という快感がない。

そこで、食べ物が美味しくとれるよう、INFOBAR2の機能の限界まで使い込んでみる。

今回は、「大きめに撮影した画像を縮小する」効果を試す。

まず、INFOBAR2の撮影モードは、

  • フォト(壁紙モード)
  • フォト(デジカメモード)

の2種類。

撮影サンプルを比べてみる

■フォト(壁紙モード):240×400(51KB)
Goma_02_20080131

■フォト(デジカメモード):1600×1200(373KB)
Goma_01_20080131_3
(20%に縮小。クリックすると1600×1200で表示)

本来、ブログ向きなのは「フォト(壁紙モード)」だが、どうも満足できない。
そこで、「フォト(デジカメモード」で撮影した写真を縮小してみる。

INFOBAR2の画像のリサイズメニューは3種類。

  • WQVGA 切り出し
  • QVGA 切り出し
  • QQVGA 切り出し

※これ以外にリサイズと一緒に回転させるメニューあり

■WQVGA 切り出し:240×400(43KB)
Goma_03_20080131
■QVGA 切り出し:240×320(35KB)
Goma_04_20080131_2
■QQVGA 切り出し:120×160(7KB)
Goma_05_20080131

うーん、あまり変わらないかも。

関連Webサイト
「カシオ携帯電話オフィシャルWEBサイト | W51CA」
「KDDI au: au design project」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

au携帯で親指シフト練習

注文した翌日に届いた携帯用のキ−ボ−ドを早速つかいはじめた。
しかし親指シフトを使ってたのは五年以上前。
すっかり忘れてしまった。

現時点ではケータイのポケベル入力の方がはるかに早い。
しかし親指シフトをマスターすれば、すぐに逆転するだろう。

唯一おしいのはINFOBAR2のケ−ブルの口が本体の横にあること。
キ−ボ−ドと一体化できたらさらに使いやすいのに。
以前使っていたW51CAを復活させようか、と思うぐらい楽しくなるアイテムだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「2in1」で特別なお客さんとHotLine!

ドコモの「2in1」といえば、1台のケータイで2つの電話番号・メールアドレスを使い分けることができる。
ブログスカウトさんから「DoCoMo2in1ライフスタイルキャンペーン」への参加を呼びかけてもらったので、ブロガーとして書いてみる。

でも、正直なところ、すでに仕事用にケータイ、私用にPHSと使い分けている。
だから、使い方としてありえるのは、仕事用をグレードアップする方法。

そこで、考えたのが、普通のお客さんには表向きの電話番号とメールアドレスを渡しておいて、
重要なお客さんにはもうひとつの電話番号とメールアドレスを渡してみてはどうか。
「これは特別な番号ですので、大切なお客さまにしかご案内していません。」
とコメントしたりして。

要は「ホットライン」サービスを提供するわけだ。

というか、ぼくにそういう電話番号とメールアドレスを渡してくれるとうれしいな(笑)

※免責事項:わたしはブログスカウトさんからこの記事の執筆に基づいて謝礼をいただく予定です。

関連サイト
「2in1 | サービス・機能 | NTTドコモ」
「ブログスカウト 御社にマッチした人気ブロガーや著名人ブロガーをご紹介します」

※この記事は、以前使っていたSeesaaブログで執筆した記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコムの実質0円端末で、実質5784円もらう方法

いまウィルコムは「実質0円」をうたっている。
料金体系の名前は「W-VALUE SELECT(ダブルバリューセレクト)」。
新規加入時や機種変更時、端末代金を支払うが、
同額分キャッシュバックされるので、実質無料になるお得なしくみだ。
(ただし、24ヶ月間以内に解約や機種変更する場合、ペナルティがあるので注意)

だが、ある方法を使うと実質0円どころか、
さらに実質5,784円もらえてしまうのだ陋

実質5,784円もらう方法

・技その1
ヤマダ電機へいく

・技その2
端末代金の支払方法で「一括払い」を選ぶ

そう、この方法は2つの技を組み合わせた合体技なのだ。

実質5,784円もらう解説
ここで取り上げるのは東芝製の「WX320T」
しばらくぶりに、SANYO、京セラ、SHARPなど以外から端末がリリースされPHSファンとしてはうれしい秊

ウィルコムの公式オンラインショップ、「WILLCOM STORE」で確認できる金額は「35,520円」。

間違ってもここから購入をしてはいけない。
あくまでヤマダ電機廉

さて、ヤマダ電機の店頭で「WX320T」を「W-VALUE SELECT」で申し込むと支払い方法を選ぶ。

Q.W-VALUE SELECTの支払い方法は?
A.お支払い方法は、「24回の均等分割払い」(実質年率0%)と「一括払い」から選択できます。
分割払いの場合はウィルコムからの請求、一括払いの場合は店頭でのお支払いになります。
(「WILLCOM|W-VALUE SELECTの支払い方法は?」から引用)
ここで多くのひとは「24回の均等分割払い」を選択してしまう。
ケータイでは聞きなれない35,520円という金額にびびる気持ちはわかる。
さらに、店員も「分割しても金利負担のないやさしいプランです」
とプッシュしてくるので抵抗する意志もなえてしまう。

だが、ここを乗り越えたものが、実質5,784円を手に入れるのだ。

「24回の均等分割払い」(実質年率0%)と「一括払い」の違い

分割しても年率0%なので、支払い総額は同額の35,520円。

2年以内に解約や機種変更した場合も、
「均等分割払い」

・割引期間中に解約や機種変更があった場合は、当該割引を終了します。
・分割払い期間中に解約された場合、電話機購入代金の残額は、一括払いもしくは分割払いの継続にてお支払いいただきます。
(「■ 「W-VALUE SELECT」ご利用条件・ご注意」から引用)
「一括払い」
・割引期間中に解約や機種変更があった場合は、当該割引を終了します。
(「■ 「W-VALUE SELECT」ご利用条件・ご注意」から引用)
となるので、こちらも同じ。

支払方法はどちらでも金額は変わらず、「支払い先」に違いがある。
「均等分割払い」はウィルコムに、「一括払い」は店頭に支払う。
この「店頭」が重要なのだ裂

店頭で支払うと、
ポイント制度を導入している家電量販店、例えばヤマダ電機で購入すれば、
35,520円に対してポイントが発生する。
先週末、ヤマダ電機では端末価格に対し、16%のポイントが付与されたので
5,684ポイントもらえる(A)。

ヤマダ電機のポイント制度のおまけ
ヤマダ電機には来店時や商品購入時に追加でポイントがもらえるルーレットチャンスがある。
来店時は最低で10ポイント、商品購入時は最低で90ポイント。
合計100ポイントもらえる(B)。

まとめ
というわけで、(A)と(B)を合わせて5,784ポイントもらえる。
家電量販店によっては、当たり前のように分割払いに誘導するし、ポイント率が低い可能性もある。
しかし、端末の機種変更なんて、どこのお店でも同じ、と思い込まずにお得に生活しよう撚

ただし、、35,520円を使って2年間で5,784円稼げるしくみがあれば、
そちらを選ぶべきだし、ぜひ教えてほしい鍊

最後に
わたしは2台、ウィルコム端末を使っているのだが、
1台目は分割払いで機種変更してしまった。
2台目のとき、店員さんが丁寧に説明してくれて、このしかけに気づけた。
おかげで、一括払いにしてポイントをしっかりいただけた秊

| | コメント (1) | トラックバック (0)

INFOBAR2への3つの期待と1つの不安(後編)

KDDIブースのなかでも際立ってひとが密集していたのがINFOBAR2のコーナー。

infobar_03_20071005.jpg

どうにか人ごみをかきわけてMIDORIを手にしました。

infobar_01_20071005.jpg

表面はすこしざらっとした仕上げで違和感を感じたのですが、すぐ手になじみます。
緑色はLISMOでおなじみの明るい発色がそそります。
そして、なによりストレートタイプはいいです。

infobar_02_20071005.jpg

裏側もすっきり。

さて、最大の懸念点は入力のしやすさ。
まず、愛用のツータッチ入力(ポケベル入力)はサポートされてました!!!

しかし、安心して試しにメールを打ってみると、意外なことに気づきました。

ます、キーを打ちやすくするためか、ひとつひとつのキーが大きく、その結果として配列が縦に長いのです。
さらに全体のフォルムを飴玉としている都合上、両端ほど丸く薄くなるので、これまたキーが遠くなります。

指の移動距離が一般の折りたたみ型の機種に比べ、20-30%は増加しています。
長時間の入力は疲れそうです。

とはいえ、使いたい感は全く損なわれず。
11月下旬に機種変しようっと(^O^)/

詳細は本家サイトでどうぞ。
KDDI au: au design project【e】

KDDI au: au design projectケータイ・デザインの原点が、進化して戻ってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

INFOBAR2への3つの期待と1つの不安(前編)

KDDIが展開する「au design project」の最新作、
INFOBAR2の11月発売が告知された。

現在、配布中のBlogパーツがこちら。

前作、INFOBARは正直まったく反応しなかった。
だが、INFOBAR2に対しては、逆にそそられまくっている。

期待できる点が3つと、不安な点が1つあるからだ。

続きを読む "INFOBAR2への3つの期待と1つの不安(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneの直感的UIと失格ツール三原則

あるツールのインターフェイスを考えている最中だったので、すごい衝撃裂
ぜひ、この映像をみてほしいので紹介する。

Life is beautiful【e】

Life is beautiful下のビデオは一歳度児がiPhoneのフォト・アルバムの機能を使っている姿を撮影したものだが、これを見ると「直感的なUI」とは、まさに人間が赤ん坊のうちにマスターする"hand eye cordination(目からフィードバックを受けながら手先を動かして物をコントロールする能力)"に合致したものなのだということが良く分かる。
(以上、引用)

ビデオの操作を見ていると、ほんと楽しそう。
こんなツールを作ってみたい、とワクワクしてきた秊

インターフェイスについては、前の会社でお世話になったT師匠から、失格ツール三原則をいただいている

  • 直感で操作がわからないツールは失格
  • マニュアルが必要なツールは失格
  • 使ってて楽しくないツールは失格
とにかく、頭をひねりまくってみる嶺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロガー企画に向かない宅配便サービスは、、、

モニターしていた製品には佐川急便の着払いの伝票がついていた。
親切な対応に喜んでいたが、これが勘違いだった。
佐川急便はコンビニでの集荷の取り扱いがないのだ廉

集荷ポイントを探す旅へ

それを知らず、まず会社の近所にあるam/pm、ファミリーマートと続けて拒絶されてショック。

慌てて佐川急便のケータイサイトで調べてみた沈
まず、GPSを使った現在位置から検索する機能があり喜んだのもつかの間。
歩いて10分弱かかるビルでしかも18時までしか受け付けていない。
いまは21時を過ぎている

駅名検索でも同じく、コンビニがでてこない。
嫌な予感が高まる

やむを得ず佐川急便の窓口に電話するとコンビニには集荷窓口がなく、
「集荷にお伺いします」との回答。
宅配便サービスといえばコンビニが窓口になっていると思い込みんでいたのが失敗練

これでは今週中の返送ができない。
モニター窓口の会社に事情を説明し、遅れることを伝えてお詫びした。

個人にはコンビニが窓口になった宅配便サービスを

おそらく法人窓口としては佐川急便は機能しているのだろうけど、個人のユーザーにとっては厳しい条件だ。
勤務先の会社に個人の荷物の集荷に来てもらうわけにはいかない。

もし、ブロガー企画として製品をモニターして返送が必要なら、コンビニで集荷できる宅急便にするか、集荷窓口の制約について事前に告知したほうがよさそうだ。

それとも、コンビニで佐川急便が取り扱われていないって、知らないのはわたしだけ?輦

| | コメント (0) | トラックバック (3)

EMONEモニターレポートVol.5 EMONEとの別れ

あっという間にEMONEのモニター期間が終了してしまった。
1ヶ月の感想をまとめてみる。

まず、よかった点から秊

・画面がとにかく大きくて美しい
emone&N904i_20070706.JPG
(N904iとEMONE)

・ハードウェアとしてしっかりしている
・接続できる場所では、快速なWebブラウジング沈

一方、もう一歩な点練

・作りがしっかりしている分、重くてかさばる(通勤時の電車内の操作は難しかった)
・思わぬところで接続できない(「EMONEモニターレポートVol.2 JR川崎駅の怪」を参照)
・キーボードが固い(好みの問題だが、押したときの凹んだ感じが薄い)

モニター企画全体としては、

  • 事前の電話連絡
  • モニター企画についての詳細資料
  • 返信用の着払い伝票(これが思わぬ事態に展開する聯)
など、完成度は高かった。

実は、モニターをする上での最大の問題点は、自宅で接続できないことだった。
これは最初からわかっていたので、意識してもっと時間を作るべきだったと反省。

このような機会をくださった、EMMOBILEと月刊アスキーに感謝撚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧